定期的なコットンパックは確実にお肌の水分量をあげてくれます。あまりにもひどい肌荒れの場合は、サンドイッチ方式です!コットンパックの前に、手持ちの美容液や乳液を塗ってからコットンパックをするとお肌の水分量は各段にアップします!コットンパックの前に塗っておいた美容液がパックとともお肌に浸透していく、というわけですね。

やり方は簡単です。洗顔後のあとに化粧水を手で軽くつけ、5分ほどおきます。ここで5分置くのがポイントですよ。そのあと、手持ちの美容液か乳液をお肌に薄くのばして、コットンパックをします!コットンパックのコットンは100均製で十分ですよ。ケバケバにならないし、リーズナブルでとても使いやすいのでおすすめです。しかも130枚入って100円です。1日4枚使うとしても1ヶ月はもつということですね。ちなみにコットンの代わりにキッチンペーパーを切って使う方法もあります。キッチンペーパーを適当な大きさに切って化粧水をしみこませたら顔にのせるだけです。

コットンパックの前に美容液か乳液を塗っておくことで、ダイレクトにお肌の奥まで浸透させることができます。ここでおすすめなのだ、ダイソーの「ヒアルロン酸+スーパーヒアルロン酸美容液」です。もちろん100円です。このコストパフォーマンスでありながら、効果はなかなかのもんです。コットンパックの前にこの美容液をつけると、本当にお肌が変わります。ぜひ試してください!

それでもお肌のガサガサが改善しない場合は、コットンパックの上からラップで覆い、その上から蒸しタオルをあててお肌を密閉しましょう。密閉することで中の成分がお肌により浸透するので、緊急時や特別な日の前にはやってみる価値ありですよ。

ただし、お肌がガチガチのゴワゴワになっている場合はいくらやっても効き目はあまりありません。まずお肌のガチガチを取り除いてやらないと、浸透しづらいと思ってください。あまりにもひどい乾燥肌は、まず表面のゴワゴワを取り除きます。取り除く方法は、オリーブオイルでマッサージしたり、粗塩を少量手に取り、優しく肌をマッサージしてください。くれぐれもやりすぎはよくありませんよ。表面のゴワゴワがなくなると、コットンパックのサンドイッチ方式は目に見えて効果があります。お肌が柔らかくなったことが実感できるはずです。

化粧水や美容液、クレンジングに至るまで、高価なものほどお肌がきれいになるわけではありません。いくら効果なスキンケアを使っていても、ゴワゴワ肌を取り除いてやらないと、表面だけにとどまってまったく意味をなしません。もったいないだけですよ。お肌は定期的に不要な角質処理をしてやらないといけません。お肌の周期は35日といわれています。35日で新しい肌へと変わります。すなわち脱皮しているようなものなんですね。この周期が乱れている人がなんと多いこと!ゴワゴワ肌は古い角質がずっと残った状態だということを覚えておいてください。古い角質がなくなれば、リーズナブルなスキンケアで十分です。とにかくお肌の内部に浸透させるというのがポイントです。

リーズナブルなスキンケアグッズだけでなく、身の回りの食べ物を使っていくらでも代用できます。口に入れても安心なものは、完全無添加なのでお肌にもいいという考えですね。しかも天然の美容成分や抗酸化成分がたっぷり含まれたものがいっぱいです。お金をかけるだけがスキンケアではありません。お金をかけずにきれいになる方法はいくらでもありますよ。