毛穴の黒ずみって気になってしょうがないですね。イチゴのようにブツブツしてしまってはなかなか元に戻すのが難しくなります。毛穴の汚れはこまめにそうじしないと、汚れが詰まってどんどん大きくなります。大きくなるとさらに汚れが詰まってしまうという負のスパイラルにおちいるわけです。毛穴が黒くなるのは、毛穴の汚れが酸化してしまっているのが原因です。長い間毛穴に留まっている汚れということになります。毛穴が黒いといくらメイクで隠そうとしてもなかなか隠れてくれません。やはり根本からきれいに取り去るのが正解でしょう。

毛穴の黒ずみを解消するスキンケアはたくさん販売されていますが、毛穴の皮脂を溶かすためにさまざまな薬品が含まれているため、お肌に刺激のあるものが多いのは事実です。はがすタイプのパックは注意が必要ですよ。パックの力で毛穴の中の汚れを引っ張り出すため、皮膚に負担がかかります。肌の表面の細胞まで剥がしてしまうこともあります。この方法は少なからず皮膚を傷めていると思ってください。

指でムリヤリ引っ張りだそうとしたり、押し出すのは絶対やってはいけません!ニュッとでてきて面白いかもしれませんが、引っ張り出すときに肌を傷つけてしまっています。これを繰り返していると、毛穴が大きくなるだけでなく、周辺の皮膚も度重なる摩擦で黒ずんでしまうので要注意ですよ。

毛穴の汚れは力づくで引っ張りだすのではなく、溶かして除去すると考えたほうがいいでしょう。毛穴の中の汚れは皮脂です。毛穴には皮脂腺があり皮脂が分泌されてきますが、この皮脂がうまく排出されなかった場合、毛穴の中に汚れとして残ります。黒く見えるのは皮脂が酸化してしまった証拠、とうわけですね。

毛穴の皮脂汚れには卵の卵白がとても効きます。薬品の入った毛穴用のスキンケアをわざわざ買うのではなく、お肌に優しい自然の卵白で処理しましょう。しかもどこの家庭にもある卵、コストパフォーマンもいいですよね。卵の卵白には、自然の界面活性作用があります。界面活性作用は、皮脂を浮かせて取り除くという効果があるんです。殺菌作用があるリゾチームも含まれているので、毛穴が詰まってニキビや吹き出物に悩んでいる人にももってこいの成分です。自然の成分なので表面の皮膚細胞を傷つけることなく、毛穴の汚れを除去してくれるので、使わない手はないでしょう。

卵白洗顔のやり方は、まず卵の黄身と卵白をわけます。卵白を手に取り肌の上でクルクルと軽くマッサージをします。時間に余裕のある人は、卵白を泡立てると使いやすいですよ。もしくは、卵白を洗顔用のネットで泡立ててもかまいません。卵白が乾く前にぬるま湯で洗い流します。あまり熱いお湯だと卵白が白く固まってしまうので注意してくださいね。卵白パックもいいですよ。卵白をそのままもしくは泡立てたものを顔に塗ります。5~10分放置し、バリバリに乾く前に洗い流してください。たったこれだけです。

毛穴の黒ずみが気になる人は、卵白に少量の粗塩を入れてマッサージすると効果絶大です。粗塩の研磨作用と、卵白の皮脂を溶かしだす効果があるので、ツルツルになると同時に毛穴の汚れもかきだしてくれるでしょう。ただし何事もやりすぎは厳禁です。卵白洗顔やパックは毎日やる必要はありません。1週間に2日ほど卵白洗顔をするだけでも、お肌は劇的に変わります。

使用する卵白はなるべく新鮮な卵を使用しましょう。卵から取り出した卵白は翌日まで持ち越さないこと。必ずその日中に使用してください。防腐剤など薬品が入っていないので日持ちはしません。残った黄身は料理に使うなどして美味しくいただきましょう。