年齢とともにたるみは気になる。エステに行きたいけど、お金にそんな余裕はない。自分でできるマッサージ器具も考えてはみたけどやっぱり高い。結局、たるみを防止するためにはお金をかけなきゃダメなの!なんてヤケにならないでください。自宅にあるもの、しかもどこのおウチにでもあるようなモノでマッサージができます!マッサージのためにわざわざお金をかける必要はまったくありません!

年齢とともに気になるのは、頬のたるみと法令線ではないでしょうか。この頬のたるみは、口角筋という口のまわりの筋肉が衰えておきる現象なんですね。口呼吸している人は要注意です。口呼吸というのは、完全に口まわりの筋肉を使っておらず、だら~んとアゴが垂れている状態なので、放っておくとどんどんたるみが加速します。口呼吸の人は、意識して口を閉じ、鼻で呼吸するようにしてください。

いつでもどこでもできるのが、口の中に空気をいっぱい入れて頬をふくらます方法です。法令線がピーンと伸びるようにふくらますのがコツです。口まわりの筋肉が衰えていると、けっこうつらいですよ。はじめてだと、30秒でも口まわりが筋肉痛のようになります。これは通勤途中やデスクワークの合間にもできるので、気が付いたときにふくらますようにしてください。トイレの中では口をふくらます、と決めてもいいかもしれませんね。

口笛も口まわりの筋力を鍛えるのにはうってつけの方法です。暇があれば口笛を吹くクセをつけておくのもいいかもしれません。口笛も慣れていない人は口のまわりがすぐに疲れますが、1週間くらいで疲れなくなります。疲れなくなったということは、口まわりに筋力がついてきたということです!そのまま続けるようにしてください。

身近なモノを使っておこなうマッサージでおすすめなのは歯ブラシです。誰でも歯磨きは毎日おこないますよね。歯磨きのついでにマッサージをします。歯ブラシの背中側を使って、口の中の法令線の裏側あたりをマッサージします。法令線が伸びきるくらい押してください。そのまま法令線に沿って何度か繰り返します。歯ブラシで法令線を伸ばしたら、表面の法令線を軽く指でトントンとマッサージしてください。歯磨きの時の毎日の習慣にすれば法令線が薄くなってきます。

家ではスプーンを使いましょう。スプーンを使ってたるんでいる場所を下から上、内側から外側へとマッサージします。そのままだと滑りが悪く、お肌に刺激を与えてしまうので、手持ちのクリームかオイルを薄く塗っておきましょう。クリームかオイルを塗っておくことでスプーンのすべりが良くなります。

スプーンを温めたり、冷やして使う方法があります。それぞれの目的に応じてやってください。毛穴の汚れが気になるときは、クレンジングの際、オリーブオイルと温めたスプーンが効果的です。温めたスプーンが毛穴を開かせ、オリーブオイルで中の角栓をかきだします。毛穴の汚れがすっきり取れてザラザラがなくなります。

毛穴を引き締めたいときは、スプーンを冷やして使うと効果的です。スキンケアが終わったあとにクリームを塗って、冷やしておいたスプーンでマッサージをします。冷やしておいたスプーンが毛穴をきゅっと引き締めてくれるので、毛穴が気になる人にはおすすめの方法です。

クレンジングのときはスプーンを温める、スキンケアのときはスプーンを冷やす。これで汚れも取れるし、マッサージでたるみも解消できます。何かのついでにちょっと意識してマッサージすれば頬もきゅっと引き締まって若々しい肌が手に入りますよ!