スキンケアを頑張ってお肌がツルツルの美肌になったとしても、髪の毛がパサパサしているとそれだけて老け込んで見られますよね。特に後姿で女性の年齢を判断するとき、髪の毛を見るという人は意外と多いようですよ。

髪の毛がパサパサになる理由は、パーマやカラーリングのしすぎ、熱を加えるアイロンやドライヤーなどの使いすぎ、日焼けなどがありますが、いちばん大きいのは加齢によるものでしょう。加齢とともに、髪に栄養が届かなくなります。ツヤがなくなりパサパサに、うねりもでてきてまとまりにくい髪になってしまいます。髪の毛がぶわっと広がったようなおばさんが多いのはこのせいですね。放っておくと髪の毛はどんどん傷んでしまいますので、今のうちにしっかりケアしておきましょう。

美容院でトリートメントをしてもらったり、高級なシャンプーやリンスを使うのもひとつの手でしょうが、ここはお金をかけずにきれいな髪の毛を取り戻しましょう!身の回りにある食べ物やリーズナブルなクリームを使う方法をご紹介します。

まずはご家庭にあるオリーブオイルで髪の毛のツヤが取り戻せます!お風呂に入る前の乾いた髪の毛にオリーブオイルを適量とり、まず地肌をオイルでグイグイマッサージします。そのあと、髪の毛全体にオリーブオイルをなじませて、蒸しタオルを頭に巻き、シャワーキャップをかぶります。そしてお風呂へ入る!湯船につかっている間に髪の毛が蒸されて、オイルがどんどん浸透していきます。10~15分経ったら、いつも通りシャンプーをしてください。オイルをたくさん塗りすぎたて、ベタベタが気になるようなら2回シャンプーしてください。そのあとリンスもしくはトリートメントをしてもかまいませんが、何もしなくてもつやつやになっているはずです。しっとりまとまる感じは髪の毛を乾かしたあとにわかるでしょう。翌朝のうねりやパサパサによる髪の毛の広がりはないはずです。オリーブオイル蒸しは、週に1度くらいの割合でやるとつやつや感がキープできますよ。

ヨーグルトや卵も効果があります。ヨーグルトは傷んだ髪の毛を修復する効果があります。卵は良質なたんぱく質なので、髪の毛にはいいに決まっていますよね。ヨーグルトはそのまま、卵はよくかき混ぜて、軽くお湯ですすいだ髪の毛にしっかりと揉みこみます。どちらも軽く頭皮を軽くマッサージし、15分ほど放置します。髪の毛が長い人は、シャワーキャップをかぶると湯船に髪の毛がつからず気になりませんよ。15分程度たって、髪の毛がほどよく蒸されたら洗い流して、いつも通りシャンプーしてください。

さらにしっとり感を求めるのなら、ヨーグルトや卵に蜂蜜をまぜてください。もちろん蜂蜜だけを髪の毛にパックしてもしっとり効果はありますが、ヨーグルトや卵にまぜることで、より高い効果を発揮することができます。

ドライヤーのあとにおすすめなのがニベアです。青い缶に入ったあのニベアです!お手頃な値段の割にいい仕事してくれますよ。乾いた髪の傷んだ部分に少量すりこむだけです。ニベアを直接髪の毛につけるのではなく、少量とったらそのまま両手でこすり合わせます。手にニベアの膜をつくるような感じですね。そのまま両手で髪の毛を包み込み、揉みこみます。特に傷んだ毛先に念入りにつけるようにしましょう、これで翌朝の髪の毛はしっとりつやつやですよ。高価なトリートメントやヘアケアを買う必要はありません!ちなみにニベアはまつ毛にも効果的です。まつ毛に毎日ニベアを塗っていたら、伸びてきました!育毛効果もあるようです。まつ毛が薄く短くなってきた人は、ニベアをまつ毛にも塗っちゃってください!